Audio / Music Hi-Res

Amazon Music HD 192kHz/24bit の曲を真剣に聴き比べてみた!

2020年9月7日

超高音質・超高解像度・ハイレゾ楽曲が聴き放題と言われる “Amazon Music HD” のすごいところって分かりますか?

この記事では、Amazon Music HD と Apple Music を聴き比べて、どっちがどれほど高音質かを真剣に検証してみます。

VGP2021 結果発表!この冬のオーディオビジュアル機器のベストバイはこれだ!

続きを見る

Amazon Music HD 192kHz/24bit の曲を真剣に聴き比べてみた!

Amazon Music HD の192kHz/24bit ハイレゾ音源とは?

Amazon が2019年9月から日本で初めて提供を開始した、高音質ハイレゾ/ロスレス楽曲が定額制で聴き放題のストリーミングサービスの事です。

6,500万曲以上をロスレスHD音質で提供し、数百万曲をハイレゾのULTRA HD音質で提供しています。

ココがポイント

Amazon Music HD は日本で唯一、「192kHz/24bit」 のハイレゾ楽曲が聴き放題で楽しめるサービス

Amazon Music HD は3Dオーディオも楽しめるゾ!

つい最近気づいたのですが、楽曲のジャケットの下に楽曲の音質レベルがSD, HD, Ultra HDと表記されているのですが、その横に”” のマークが?

 

これは「Amazon Echo Studio」端末で3Dオーディオを楽しむことができますよ!」というマークだったのです。

説明を抜粋

3Dオーディオについて

3Dオーディオは、Amazon Music HDに含まれる臨場感あふれる音楽体験を実現するオーディオ形式です。

Amazon Echo Studio端末で再生できます。

3Dオーディオは、音に空間、明瞭さ、深みを与え、ステレオ楽曲を多次元オーディオ体験へと変化させます。

Amazon Music HDでは、Dolby AtmosおよびSonyの360 Reality Audioコーデックでマスタリングされた、世界の有名アーティストによる1000曲以上のカタログ(楽曲数は増え続けています)を3Dオーディオで利用できます。

Amazon Music HDに登録されているお客様は、3Dオーディオに加えて、HDとUltra HDをEcho Studio端末で再生できます。

関連トピック

ハイレゾ音源について超わかりやすく解説

ハイレゾ音源の定義

日本オーディオ協会が定める定義として、録音フォーマットが

「FLAC 又は WAVファイル 96 kHz/24bit以上」

であればハイレゾ音源です。

「ハイレゾ音源」とは、CD音質を超えた「高解像度な音源」の事をさします

ココがポイント

一般的に24bit/96kHz または 24bit/192kHz と表記してあれば、ハイレゾ(Hi-Res)音源

ハイレゾだとよりきめ細やかでより高い音まで聴けるって凄いと思いませんか?

さらに詳しく

「自分が狙っている(持っている)イヤホンやスピーカーはハイレゾに対応しているの?」と疑問を感じている人は、別記事内にある「ハイレゾ対応イヤホンを用意する」の所に、「ハイレゾオーディオの定義」が詳しく書いてあるので参考にして下さい。

iPhoneでハイレゾストリーミング楽曲を聴く方法_02
iPhoneでAmazon Music HDのハイレゾ音源を聴く方法

続きを見る

bitとは?kHzとは?超わかりやすく解説

一般的にCD音質と呼ばれるものは、16bit/44.1kHzの圧縮音源 と定義されています。

ハイレゾ音源を聴くに当たって、この”bit” ”kHz” に付いては最低限理解を深めておきましょう。

bitとは

”bit”  で表記される数値が高いほど「よりきめ細かい音」(原音に近づく)になります。

kHzとは

”kHz” で表記される数値が高いほど「より高い音」(CDでカットされている帯域)まで聴こえます。

ココがポイント

”bit” 数が高いほどより原音に近い「よりきめ細かい音」になり、”kHz”の数値が高いほど「より原音に近い高い音」まで聴こえる

Amazon Music HD の音質が良い理由を超わかりやすく解説

最大192kHz/24bitのUltra HD ロスレス配信(ハイレゾ配信)である

Ultra-High DefinitionでHDです。

定額制聴き放題のストリーミングサービスにとって楽曲の配信クオリティがCDのフォーマット以上かそれ未満かは重要な部分なのですが、Amazon music HD の ULTRA HD音質(ハイレゾ)は文句なしに超高解像度のハイレゾリューションオーディオです。

そして驚くべきことに、ULTRA HD音質で聴取可能な楽曲数が数百万曲とアナウンスされていることなのです。

ピンとこないかもしれませんが、この数百万曲という楽曲数は驚くことに、国内外の多くのハイレゾ配信サイトのカタログ数を凌駕するものなんです。

そしてAmazon music HD の配信楽曲ファイルは以下の3種類になります。

  1. 最大192kHz/24bit の「Ultra-High Definition:Ultra HD音質」(ロスレス配信Ultra HD:最大192kHzサンプルレート)・・・データを全く損なわずに復元できるような圧縮方式(データを再び元の状態に戻せる可逆圧縮)
  2. 16bit/44.1kHz の 「High Definition:HD音質」 (ロスレス、44.1kHzサンプルレート)・・・データを全く損なわずに復元できるような圧縮方式(データを再び元の状態に戻せる可逆圧縮)
  3. SD(ロッシー圧縮)・・・データ内容を少し削減して圧縮するような圧縮方式(データを再び元の状態に戻せない非可逆圧縮)

注目すべきが”2”のHD音質がロスレス圧縮方式である事です。

パソコンやスマホに取り込んだCDレベルの圧縮音楽データ”16bit/44.1kHz”程度と思っていたものが、ロスレスでリニアPCM(非圧縮のままアナログデータである音源データをデジタル信号に変換するという方式)の様に音質を落とさずそのまま聴けるという点が凄いのです。

簡単に言うと「HD音質でも非圧縮の超高解像度音源を聴くことが出来る」ということです。

リニアPCMとは、音声などのアナログ信号をデジタルデータに変換する方式の一つで、信号の強度を一定周期で標本化(サンプリング)して得られたデータをそのまま記録するもの。PCM方式のうち最も単純で基本的な手法。

Amazon Music HD の詳細を見る

VGP2021 結果発表!この冬のオーディオビジュアル機器のベストバイはこれだ!

続きを見る

Apple Music  AACコーデックの圧縮音源と FLAC 192kHz/24bit を同じ楽曲で聴き比べしてみた

Apple Music のAACコーデックの圧縮音源とAmazon Music HD の FLAC 192kHz/24bit を比較するに当たり、両方のサービスで配信されていた 「BILL EVANS」の音源をチョイスしました。

Apple MusicとAmazon Music HD の楽曲を iPhoneにイヤホン直結して聞き比べしてみた

使用した機材

iPhone型式:iPhone X

イヤホン:Astell & Kern Michelle(初代)

Apple Music(AACコーデック) をイヤホン直結で聴いてみた

圧縮音源らしい音で解像度が低く、低音域〜中音側に寄り気味の野太い感じがしました。

中音域が強調されて、低音域や高音域、それに各楽器の音の表現が甘いと感じました。

後ろでリズムラインを刻んでいるウッドベースの音やピアノの音などがのっぺりとしている印象を受けました。

また、高音域が低音域にスポイルされてボワついた様な鳴り方をしているのも気になったところです。

これはデスクトップスピーカーで聴くと顕著に感じました(誰でも分かるほどです)。

Amazon Music HD(FLAC 192kHz/24bit) をイヤホン直結で聴いてみた

楽曲の最大音質は Ultra HDで 192kHz/24bit なのですが、端末の性能は48kHz/24bit と表示されています。

これは、iPhone単体ではハイレゾ音源を聴けないからです。

聴いてみた感想は、ちょっとマシかなという程度で、劇的な音質の変化を感じることはありませんでした。

iPhoneでハイレゾストリーミング楽曲を聴く方法_02
iPhoneでAmazon Music HDのハイレゾ音源を聴く方法

続きを見る

iPhone でハイレゾ音源を聴くおすすめイヤホン7選(有線編)
VGP2020受賞!ハイレゾ対応おすすめイヤホン7選

続きを見る

iPhoneで聴く音質が良いおすすめのハイレゾ対応のポタアン7選
VGP2020を受賞!ハイレゾ対応の高音質なおすすめポタアン7選

続きを見る

【2020年】iPhoneでも高音質で聴けるおすすめワイヤレス(Bluetooth)イヤホン7選._1jpg
【2020年】iPhoneでも高音質で聴けるおすすめワイヤレス(Bluetooth)イヤホン7選

続きを見る

Apple MusicとAmazon Music HD の楽曲を ポタアンを通して聞き比べしてみた

使用した機材

iPhone型式:iPhone X

イヤホン:Astell & Kern Michelle(初代)

ポタアン:Lotoo PAW S1

今回使用したポタアン(USB-DAC搭載ポータブルアンプ)はこちら

 

まるで、Amazon Music HD を聴くために作られた超優秀なポタアンです。

筆者は、1日の半分以上、SONY IER-Z1R をこれに繋いで(たまにスピーカー)作業しながら音楽を楽しんでいます。

USB-DAC Lotoo PAW S1 徹底詳細レビュー
USB-DAC Lotoo PAW S1 徹底詳細レビュー

続きを見る

コンパクトで軽量、その上音質は折り紙付きです!

Apple Music(AACコーデック) を ”Lotoo PAW S1” を通して聴いてみた

ずいぶん音が様変わりしましたよ。

PCM 44.1kHz/32bit とビットレートがアップサンプリングされているのが分かります。

圧縮音源を上手くチューニングして、心地よい音で聴かせてくれます。

しかし、元々の音源がAAC なのでこれが精一杯でしょう。

Amazon Music HD(FLAC 192kHz/24bit) を ”Lotoo PAW S1” を通して聴いてみた

楽曲の最大音質は Ultra HDで 192kHz/24bit なのですが、Lotoo PAW S1 のディスプレイには、「192kHz/32bit」と見事に端末の性能を遙かに超える帯域が表示されています。

音質に関しても、劇的な変化がありました。

ハイレゾを聴いたことが無い人でも「こっちの方が音がいい」とはっきり分かるほどの違いがあります。

間違いないです。

総合的に音質が良かったサービスはどっち?

Amazon Music HD のUltra HD (192kHz/24bit) の圧勝です。

ココがポイント

高感度IEM(インイヤーモニター)イヤホンやスピーカーで聴き比べをした時、圧縮音源に比べてハイレゾ音源の方がより高い音が出るのは当然であり、よりきめ細かい音まで再現してくれるので、違いがはっきり分かると思います

筆者はハイレゾ音源を聴くために、以前は「e-onkyo music」を利用していたのですが、サブスクストリーミングサービスでここまで高音質な楽曲をこの価格で聴き放題で楽しめるとは、少し前まで思いもしませんでした。

今回の更新では、「Amazon Music HD」と「e-onkyo music」のハイレゾ音源の比較は、両方とも高音質同士で、サブスクとダウンロード販売とサービス自体が異なることから、比較することにあまり意味が無いので省いています。

Amazon Music HD の詳細を見る

まとめ

  • Amazon Music HD の楽曲は超高音質・超解像度・聴き放題
  • Apple Music の音質に不満がある人はAmazon Music HDに乗り換えるべし
  • Apple Music よりAmazon Music HD の方がHD品質の楽曲でも音質が良い
  • Apple Music とAmazon Music HDの料金の差はざっくり500円/月、年額だと2ヶ月分お得

注意点として、

  • Amazon Music HD アプリ設定で、ダウンロード設定を「HD/Ultra HD」にする事
  • iPhone だと デフォルトで48kHz/24bit までしか再生できない
  • 192kHz/24bit の超高音質ハイレゾ楽曲を聴くためには、対応DAC搭載型(ポータブル)プリメインアンプとイヤホンが必要

これを機に、Amazon Music HD に乗り換えて、本当の音楽をリアルな音質で楽しんでみてはいかがでしょうか?

【新規登録限定】Amazon Music HD が「30日間無料で聴き放題キャンペーンを実施中!

新規登録限定でAmazon Music Unlimitedが「30日間無料で聴き放題キャンペーンを実施しています。

”Amazon music HD”リリース当時は、サービス開始と共に90日間無料体験に申し込み、様々な楽曲をiPhone やデスクトップスピーカーで聴き込みました。

今ではすっかりAmazon Music HD メインの音楽ライフです。

無料体験は自動更新をオフにしておけば、勝手に課金されることはありませんのでご心配なく。

Amazon Music HD で本当にいい音楽を目一杯楽しんじゃいましょう!

Amazon Music HD の詳細を見る

-Audio / Music, Hi-Res
-, , ,

© 2020 Wohltech(ヴォールテック)