Audio / Music Hi-Res イヤホン

VGP2020受賞!ハイレゾ対応おすすめイヤホン7選

2020年9月3日

iPhone でハイレゾ音源を聴くおすすめイヤホン7選(有線編)

iPhoneでハイレゾ音源を聴く場合、有線(ワイヤード)イヤホンの方が選択肢が拡がります。

この記事では高音質なハイレゾ音源を聴く事が出来るスペックを持ち、管理人が実際に聴いてみた「VGP2020受賞!ハイレゾ音源を聴くおすすめイヤホン7選」を紹介していきます。

日本オーディオ協会が定めた「ハイレゾ対応機器」の定義では、あくまで「40kHz以上という数値をスペック上でクリアしていること」が「ハイレゾ対応機器」認定の条件でした。

しかし、海外のイヤホンメーカーの再生周波数帯域はハイエンド機でありながら、「20kHz超」のものもあります。

これは、人間の耳の可聴範囲が20kHzまでしかない事から、「その範囲内でベストパフォーマンスな音を鳴らそう」という音作りに対する真摯な姿勢はある意味正しいと思います。

それでは、人気も評価も高い売れ筋の「ハイレゾ音源再生対応イヤホン」を紹介していきます。

VGP2021 結果発表!この冬のオーディオビジュアル機器のベストバイはこれだ!

続きを見る

【2020年】iPhoneでも高音質で聴けるおすすめワイヤレス(Bluetooth)イヤホン7選._1jpg
【2020年】iPhoneでも高音質で聴けるおすすめワイヤレス(Bluetooth)イヤホン7選

続きを見る

予算2万円以下!FiiOのハイレゾ対応おすすめUSB-DAC搭載ポータブルアンプ

続きを見る

iPhoneで聴く音質が良いおすすめのハイレゾ対応のポタアン7選
VGP2020を受賞!ハイレゾ対応の高音質なおすすめポタアン7選

続きを見る

VGP2020受賞!ハイレゾ対応おすすめイヤホン7選

SONY IER-Z1R

SONY IER-Z1R

 

このイヤホンの音を一言で言い表すのであれば「艶麗」。

ダイナミックとバランスド・アーマチュアのハイブリッドドライバーが奏でる音は、IEM寄りでありながら広い音場で艶やかな音を聴かせてくれます。

高い解像度にしっかりとした音の分離感、それでいて滑らかな音の繋がり。

そしてしっかりとした低音域、艶やかで芯のある中音域、輝きながらどこまでも伸びていくような高音域で魅了してくれます。

格調高く「佳麗」な姿(デザイン)をしたハイエンドIEMイヤホンです。

このイヤホンが奏でる音を嫌いという人はいないと思います。

管理人が18時間以上連続装着して聴いても全く聴き疲れしなかったことから、このイヤホンの音作りだけに留まらない完成度の高さが伝わればと思います。

VGP2020受賞製品です。

【製品仕様】

  • 型式 密閉ハイブリッド
  • ドライバーユニット ハイブリッド(2DD+1BA)
  • 最大入力 100mW
  • インピーダンス 40Ω
  • 感度 103dB/mW
  • 再生周波数帯域 3Hz-100kHz

【付属品】

  • ヘッドホンケーブル約1.2m
  • バランス接続用ヘッドホンケーブル約1.2m
  • ハイブリッドイヤーピースSS/S/MS/M/ML/L/LL各2個
  • トリプルコンフォートイヤーピースSS/S/MS/M/ML/L各2個
  • キャリングケース
  • ケーブルホルダー
  • クリップ
  • クリーニングクロス

final A8000

fainal A8000

このイヤホンの音を一言で言い表すのであれば「端麗」。

トゥルーベリリウム振動板が奏でるダイナミックドライバーの音は、バランスド・アーマチュア型ドライバーのイヤホンを聴いているかと錯覚するような音を奏でます。

解像度が非常に高く、IEMというより高級なリスニングイヤホンといった印象でした。

デザインもIER-Z1Rに負けず劣らず高級感のあるデザインです。

音の立ち上がりにスピード感があり、聴いていてワクワクする素晴らしいイヤホンだと思います。

管理人はIER-Z1Rとの選択で最後まで悩みました。

VGP2020金賞受賞製品です。

【製品仕様】

  • 筐体 ステンレス
  • ドライバー ダイナミック型(Truly Beryllium diaphragm)
  • コネクター MMCX
  • ケーブル OFCシルバーコートケーブル
  • 感度 102dB
  • インピーダンス 16Ω
  • コード長 1.2m

【付属品】

  • アルミ製キャリーケース
  • MMCX ASSIST
  • イヤーピース(Eタイプ5サイズ)
  • イヤーフック
  • 交換用ダストフィルター

Campfire Audio Solaris Special Edition

Campfire Audio Solaris Special Edition

VGP2020金賞受賞製品であるCampfire Audio Solaris のSpecial Edition です。

Solaris は、筐体の色が無骨な黒色デザインであるのに対して、このSpecial Edition は製品を美しく飾る虹色をした貝のフェイスプレートが特徴的です。

このフェイスプレートは同じ物が二つとして無いので、世界に一つだけの唯一無二のデザインになります。

音作りとしては、Campfire らしい伸びやかな高音域を持つSolaris に、低音域のアタック感を強くしてリスニング向けにハイグレードに仕上げてきていると言った感じです。

国内100台限定品です。

【製品仕様】

筐体 PVD 処理を施したアルミニウム筐体 + アバロンフェイスプレート

筐体(ノズル) ステンレススチール

ドライバー ハイブリッド型(A.D.L.C コーテッド 10mm ダイナミック型ドライバー + バランスド ・ アーマチュア型ドライバー

ドライバー構成 4 ドライバー Low/Mid ( ダイナミック型 )× 1, Mid× 1, High× 2

採用技術

  • Tuned Acoustic Expansion Chamber (T.A.E.C)
  • Polarity Tuned Camber
  • 3D Printed Ceramic Acoustic Chamber

周波数特性 5Hz - 20kHz

入力感度 115dB SPL/mW

インピーダンス 10Ω

イヤホン端子 ベリリウム銅加工された MMCX 端子

入力端子 3.5mm ミニ端子

ケーブル長 約 122cm

【付属品】

  • Premium Leather Case
  • Super Litz Cable、Mesh IEM Bag
  • イヤーチップ(シリコン , フォームイヤーチップ , E-Type)
  • クリーニングツール
  • 保証書(1 年間)

MEZE RAI PENTA

MEZE RAI PENTA

これはミドルエンド機でありながら、ハイエンド機に迫る音を聴かせてくれる素晴らしいイヤホンです。

音の解像感度は高く、中高音域における音像がくっきりして素晴らしいの一言です。

ヴォーカルを中心として音が鳴っている感じがありながら、その周りの楽器の音もしっかり聴かせてくれます。

プロミュージシャンも絶賛した音です。

ハイブリッドの多ドラでありながらハウジング(筐体)が以外に小型軽量なので、女性の耳にもフィッティングは良好だと思います。

VGP2020受賞製品です。

【製品仕様】

  • ドライバー ハイブリッド型5 ドライバー (4×カスタムBAドライバー、1×ダイナミックドライバー)
  • 再生周波数帯域 4Hz~45kHz
  • インピーダンス 20Ω
  • 入力感度 110dB SPL/1mW
  • 最大入力 30mW
  • 歪み率 <1%
  • ケーブル 3.5mm ラジウム加工 MMCXケーブル同梱
    *2.5mm/4.4mmバランスケーブル別売

【付属品】

  • MMCXプラグ 銀メッキ加工編み込み銅線仕様/3.5mmジャック ケーブル
  • Meze Audioメタルロゴ入りEVA製保護ケース
  • シリコンイヤーチップ(XS,S,M,L) *4セット
  • ダブルフランジイヤーチップ *1セット
  • ディープインサーションダブルフランジイヤーチップ *2セット
  • コンプライ™ フォームイヤーチップ *1セット
  •  3.5mm→6.3mm変換アダプター
  • 航空機用2ピン変換アダプター
  • クリーニングブラシ

AK T9iE

AK T9iE

beyerdynamicとAstell&Kernのコラボモデル「AK T8iE MkII」のアップデートモデルとして誕生した密閉式IEM(インイヤーモニター)です。

ダイナミックドライバーでありながらバランスド・アーマチュア・ドライバーの様な音がします。

解像度・音のセパレーションが高く、キラキラした伸びのある高音域、艶っぽい中音域のヴォーカル、そして全体をしっかり支えてくれているような低音域、といった鳴り方をします。

装着感は軽いフィッティングで、ハウジングは見た目に比べて意外に軽量です。

VGP2020受賞製品です。

【製品仕様】

  • ドライバー 密閉型11mm径ダイナミック型ドライバー
  • 周波数特性 8 - 48,000Hz
  • インピーダンス 16Ω
  • ケーブル 着脱式4N純銀コーティング7N OCCハイブリッドケーブル(約120cm)
  • (プラグ:2.5mm4極バランスストレートプラグ、コネクター:MMCX)

【付属品】

  • 2.5mm4極 to 3.5mm3極L字プラグ変換ショートケーブル(約8cm)
  • シリコンタイプイヤーピース 7サイズ(XS/S/M/L/XL/XXL/3XL)
  • フォームタイプイヤピース 3サイズ(S/M/L)
  • レザーキャリングケース

SHURE SE846-CL+BT2-A

SHURE SE846+BT2-A

気持ちの良い重低音サウンドが楽しめるSHUREのハイエンド機です。

BA機らしく解像度も高くて、低音域に埋もれない中高音域が伸びやかで元気の良いサウンドを聴かせてくれます。

また、脱着式のノズルインサートで音質を変えることができ、新技術のローパスフィルターで自然な低音域における再生を実現しています。

3.5mmステレオミニプラグ対応ケーブルで有線(ワイヤード)でも、Bluetooth5対応のリモート+マイクコントロール機能搭載の”RMCE-BT2”を使って無線(Bluetooth)でも聴くことが出来ます。

試聴時はBluetoothと3.5mmのワイヤードで聴いたのですが、ワイヤードで聴いたときはあまりの高音質に驚きました。

レスポンスも良く、とても良い音が鳴る素晴らしいイヤホンなので、ぜひ試聴してみて下さい。

カラーは4色の中から選べます。

VGA金賞受賞製品です。

【製品仕様】

  • スピーカータイプ 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度 MicroDriver
  • 感度 114dB SPL/mW
  • インピーダンス 9Ω
  • 最低再生周波数帯域 15Hz
  • 最大再生周波数帯域 20KHz
  • ストレートケーブルの長さ 116cm/162cm

【付属品】

  • フォーム・イヤパッド(S, M, L)
  • ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)
  • イエロー・フォーム・イヤパッド
  • トリプルフランジ・イヤパッド
  • プレミアムキャリングケース
  • 6.3mmアダプター
  • 着脱式ケーブル(116cm/162cm)
  • ノズルアッセンブリーツール
  • 交換用ノズルインサート(2ペア)
  • ケーブルクリップ
  • ポリッシュクロス




audio-technica ATH-IEX1

audio-technica ATH-IEX1

最初に買ったイヤホンが「audio-technica」だったという人も少なくないと思います。

そんな人達が最近は他社のイヤホンを聴いていたが、このイヤホンを聴いてまたオーテクに戻ってきたというくらい完成度の高い製品です。

高音域は刺さるギリギリのところ、中音域は情報量が多く、低音域は深みがあり、全体的に情報量の多い音だと感じました。

2020年VGP2020金賞受賞製品です。

【製品仕様】

  • 型式 ハイブリッド型
  • ドライバー φ9.8mm、φ8.8mm バランスド・アーマチュア×2基
  • 出力音圧レベル 102dB/mW
  • 再生周波数帯域 5~50,000Hz
  • 最大入力 3mW
  • インピーダンス 5Ω
  • 入力端子 A2DCコネクタージャック

【付属品】

  • コード(着脱式) 1.2m(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)
  • ランスケーブル(着脱式) 1.2m(φ4.4mm金メッキバランス5極/L型)
  • イヤピース(XS,S,M,L)
  • コンプライ™フォームイヤピース(S,M,L)ケース
  • クリーニングクロス

個性的なおすすめイヤホン4選

MEZE RAI SOLO

MEZE RAI SOLO

3万円以下で買えるイヤホンの中ではかなりいい音を鳴らしてくれる良い製品だと思います。

女性ヴォーカルの楽曲に合う柔らかな優しい音です。

フラットなサウンドではなく、中高音域が得意なイヤホンです。

【製品仕様】

  • 筐体 ステンレス
  • ドライバー UPM(ユニファイド ピストニック モーション)ダイナミックドライバー
  • インピーダンス 16Ω
  • 感度 105±3dB , 1mW/1kHz
  • ケーブル 高品質銅銀メッキケーブル1.3m / MMCXコネクタ採用(3.5mm/3極)

【付属品】

  • MEZEロゴ入りレザーハードケース
  • ソフトシリコンイヤーピース( S / M / L )
  • ダブルフランジイヤーピース( S / M / L )
  • ディープダブルフランジイヤーピース( M / L )

final B1

final B1

final のBシリーズはコンセプトイヤホンです。

このローズゴールドB1は、アニソン用だそうです。

「音の近さと臨場感を重視」したチューニングが施されています。

低音域がそれほど主張しない代わりに高音域にはキラキラと光るものを感じるものがありました。

3万円でアニソンまみれになれます。

【製品仕様】

  • 筐体 ステンレス鏡面仕上(ローズゴールド)
  • ドライバー 1D+1BA(ネットワークレス)
  • コネクター MMCX
  • ケーブル OFCシルバーコートケーブル
  • 感度 94dB
  • インピーダンス 13Ω
  • コード長 1.2m

【付属品】

  • イヤーピース(Eタイプ5サイズ)
  • シリコン製キャリーケース
  • イヤーフック

final B2

final B2

こちらもコンセプトイヤホンで、「臨場感」「解像度」にこだわったfinal Bシリーズの一つです。

クラッシックなどのコンサートホールの反響や残響を楽しめます。

インピーダンスが41Ωと高いので、iPhone単体でのドライブは厳しく、ポタアンが必要になります。

【製品仕様】

  • 筐体 ステンレスブラスト仕上(ガンメタリック)
  • ドライバー 1BA
  • コネクター MMCX
  • ケーブル OFCケーブル
  • 感度 109dB
  • インピーダンス 41Ω
  • コード長 1.2m

【付属品】

  • イヤーピース(Eタイプ5サイズ)
  • シリコン製キャリーケース
  • イヤーフック

final B3

斜め上なコンセプトイヤホンのトリは、B3です。

これは「特に解像感にこだわった」イヤホンで、はアニソン・EDM向けのものになります。

【製品仕様】

  • 筐体 ステンレスブラスト仕上(フロストシルバー)
  • ドライバー 2BA(ネットワークレス)
  • コネクター MMCX
  • ケーブル OFCケーブル
  • 感度 102dB
  • インピーダンス 19Ω
  • コード長 1.2m

【付属品】

  • イヤーピース(Eタイプ5サイズ)
  • シリコン製キャリーケース
  • イヤーフック

ハイレゾ入門に最適なエントリーモデルイヤホン

Astell & Kern Diana

Astell & Kern Diana

JH AudioとAstell & Kern のコラボモデルでMichelleの後継機になります。

3BA機には名機が多いと言われていますが、このDiana も間違いなく名機です。

THE SIRENシリーズのユニバーサルIEMである初代Michelle から順当に進化し、ハウジングがアルミボディになっています。

IEMの入門機としては価格が手頃で音質も良いです。

JH Audio は、フライングガールのフェイスプレートが痺れるほど格好いいです。

管理人はこのシリーズの初代モデルであるMichelleを未だに使っています。

VGP2020受賞製品です。

【製品仕様】

  • 形式 ユニバーサルフィットIEM (インイヤーモニター)
  • ドライバー カスタムメイド・バランスドアーマチュアドライバー(L/R各3ドライバー/高域×1、中域×1,低域×1)、3ウェイ構成)
  • インピーダンス 18Ω
  • コネクター形状 カスタムIEM 2pinタイプ

【付属品】

  • キャリングケース
  • IEMケーブル (2.5㎜/4極)
  • 2.5mm/4極→3.5mm/3極変換ケーブル
  • シリコンイヤーチップ (L・M・S)

Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Billie Jean

Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Billie Jean

価格が値下がりしたこともあり、2万円以下で買えるBA型イヤホンのエントリー機として最もおすすめできるものの一つです。

音はJHらしいスピード感のあるタイトな音を聴かせてくれます。

【製品仕様】

  • ユニット カスタムメイド・バランスドアーマチュアドライバー
    (L/R各2ドライバー/高域×1、中低域×1、2ウェイ構成)
  • インピーダンス 18Ω
  • ノイズアイソレーション -26dB
  • コネクター形状  スタムIEM 2pinタイプ

【付属品】

  • キャリングケース
  • IEMケーブル (3.5㎜/3極)
  • シリコンイヤーチップ (L・M・S)

おわりに - おすすめイヤホンをピックアップ!

今回紹介したイヤホンの中で、お気に入りは見つかったでしょうか?

さすがVGP2020を受賞するだけのことはある素晴らしい名機ばかりでした。

VGPを受賞していなくても、今回紹介したイヤホンは素晴らしい音が鳴るものしか紹介していません。

例えば、final のコンセプトシリーズでアニソン用イヤホンである「B1」で洋楽を聴いても、全く問題ないですよ。

ただ、中途半端に妥協して安物買いの銭失いをしないようにして下さい。

「欲しい」と思ったイヤホンを手に入れるために頑張って貯金したり、セールを狙ったりするのも手です。

ライターから一言

筆者が個人的に視聴をおすすめするイヤホンは、ハイエンドでは”高音域の再生が巧みな”「SONY IER-Z1R」、ミドルエンドでは”中音域の音像がくっきりしている”「MEZE RAI PENTA」、ローエンドでは”フラットなのにリスニング寄りのポップな音を鳴らす”「Astell & Kern Diana」です。

この3機種だけでも聴き比べしてみて下さい。

自分の好きな音の方向性が見えてくると思います。

低音域を求める人には、「SHURE SE846-CL+BT2-A」が面白いと思います(おまけにワイヤレスでも聴ける)。

よいよ次回はこれらイヤホンを全てドライブできるポータブルアンプの紹介を予定しています。

ではまた。

-Audio / Music, Hi-Res, イヤホン
-,

© 2020 Wohltech(ヴォールテック)