Audio / Music Hi-Res スピーカー

【2020年】ハイレゾ音源の再生に対応した超高音質おすすめスピーカー8選

2020年10月13日

【2020年】ハイレゾ音源の再生に対応した超高音質おすすめスピーカー8選

極上の音色を奏でるハイレゾ音源の再生に対応した超高音質おすすめスピーカーも含めた7台を厳選して紹介してゆきます。

パッシブスピーカーには相性の良いアンプの提案も行い、アクティブスピーカーは音質重視で選出して、Wi-Fiでハイレゾ音源の再生ができる最新のネットワークスピーカーまで幅広く紹介してゆきます。

これらで極上のサウンドに包まれてください。

また、オーディオシステムを組む際の必須のアクセサリーも併せて紹介します。

VGP2021 結果発表!この冬のオーディオビジュアル機器のベストバイはこれだ!

続きを見る

DENON HOME 150

DENON HOME 150

こちらはネットワークスピーカーになります。

最もおすすめしたいスピーカーの一つです。

Wi-Fi 接続ができるので、Amazon Music HDなどのハイレゾ音源を聴くことができるスピーカーです!

Apple のあれよりも、音質、定位、感度、どれをとっても数段上の音がします。

主な特徴として、

  • デノンクオリティの高音質(カスタムメイドの25mmドームツイーターと89mmコーンウーハーを搭載)
  • HEOSテクノロジーを搭載
  • 音楽の楽しみ方を変えるマルチルームオーディオ機能
  • ステレオシステムにも拡張可能
  • ハイレゾ音源の再生に対応
  • 多彩な音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
  • インターネットラジオに対応
  • AirPlay 2、Bluetooth®に対応
  • Alexaによる音声コントロールに対応
  • タッチコントロール&クイックセレクトボタン

主な仕様です。

主な仕様 - DENON HOME 150
アンプ部実用最大出力: 35 W(ウーハー)、13 W(ツイーター)
スピーカーユニットツイーター: 25 mm ドームツイーター×1
ウーハー: 89 mm コーンウーハー×1
入出力端子アナログ音声入力端子: AUX IN×1(3.5 mmステレオミニジャック、最大入力 2 Vrms)
その他の端子: ネットワーク×1、USB-A入力×1
無線LANネットワーク種類(無線LAN 規格):IEEE 802.11a / b / g / n / ac(Wi-Fi® 準拠)
無線周波数: 2.4GHz / 5GHz
Bluetoothバージョン: 4.2
通信距離: 約30 m (見通し距離)
※実際の通信範囲は機器間の障害物、電子レンジの電磁波、静電気、コードレスフォン、受信感度、アンテナの性能、操作システム、アプリケーションソフトウェアなどの影響により異なります。
総合外形寸法(W × H × D):120 x 187 x 120 mm
質量: 1.7 kg
消費電力: 20 W
待機電力: 2.2 W(クイックスタートモード、Wi-Fi接続時)、0.3 W(ディープスタンバイモード時)
付属品: かんたんスタートガイド、電源コード(約2 m)
発売日:2020年2月下旬

試聴してみての感想は、こんなにコンパクトでありながら結構響く低音域、キラキラ伸びる高音域、歪みのないクリアな中音域と全帯域のバランスが素晴らしいと思いました。

これを2台でステレオにすると、音場が広くなり、音に立体感と音像が生まれて、その辺の下手なパッシブ・ブックシェルフ型・密閉式スピーカーを聴くよりも相当感動する音質です。

単体でも凄く良く鳴るので、初めて聴いた人は驚くと思います。

スピーカー上部にあるタッチコントロール&セレクトボタンも便利ですし、なによりHEOSテクノロジーを搭載しているのが素晴らしいです。

さらに詳しく

HEOSテクノロジーとは?
ワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」のテクノロジーを搭載することで、Wi-Fiへの接続や設定、操作は無料のHEOSアプリで誰でも簡単に行えます。さらにAmazon Alexaによる音声コントロールにも対応しています。また、Amazon Music HDなどのストリーミングサービスやインターネットラジオをはじめ、ローカルネットワーク上のミュージックサーバーやUSBメモリーに保存した音源など、多彩な音源を再生することができます。さらにAirPlay 2やBluetooth®にも対応しており、スマートフォンやタブレットから手軽に音楽を楽しむこともできます。

最初は1台から聴き始めて、気に入ったら2台目を購入してステレオシステムを組むというアップグレードができるので、初期投資に無理しないですむところも良いところです。

VGP2020リビングオーディオ大賞受賞製品です。

 

このスピーカーと相性の良いAVレシーバーはこれ! 

DENON HOME 250

 

DENON HOME 250

こちらはDENON HOME 150 に対してコンパクトなエンクロージャーにDENONクオリティの高音質、高品位なステレオスピーカーを搭載したモデルになります。

1台だけでもとても拡がりのあるステレオサウンドを再生することができます。

一言で言えばめちゃめちゃよく鳴るスピーカーです。

これを試聴してみて、一発で欲しくなりました。

主な特徴

  • デノンクオリティの高音質
  • HEOSテクノロジーを搭載
  • 音楽の楽しみ方を変えるマルチルームオーディオ機能
  • ステレオシステムにも拡張可能
  • ハイレゾ音源の再生に対応
  • 多彩な音楽ストリーミングサービスに対応(Amazon Music HD / AWA / Spotify / SoundCloud)
  • インターネットラジオに対応
  • AirPlay 2、Bluetooth®に対応
  • Alexaによる音声コントロールに対応
  • タッチコントロール&クイックセレクトボタン

カスタムメイドの20mmドームツイーターと102mmコーンウーハーを搭載(DENON HOME 150は25mmツイーター、89mmウーファー)し、さらに低音を補強する133mmのパッシブラジエーターを背面に配置していることから、DENON HOME 150 よりも広い空間で余裕のある豊かな低音再生を可能にしています。

HEOSテクノロジーを搭載しており、Amazon Music HD などのストリーミングサービスにも対応しています。

Denon Home 250を2台組み合わせて1組のステレオシステムとして拡張可能で、HEOSアプリで2台のDenon Home 250をグループ化してステレオペアに設定すれば、オーディオコンポーネントのように大きな設置スペースを必要とすることなく本格的なステレオ再生を楽しむことができます。

ステレオにアップグレードして試聴してみたところ、低音域の厚みと豊かさと迫力、中音域のなめらかさ、高音域の煌めきに圧倒されました。

ステレオスピーカーとしてスピーカーが計8個鳴っている計算になるのでそれだけでも凄いのですが、何より凄いのがその圧倒される迫力です。

加えて高音質、高解像度、定位感はしっかり、音像もくっきりして、最高に満足なリスニング体験をする事が出来ました。

DENON HOME 150 と250  のどちらかで迷っているのであれば、予算があるのなら絶対DENON HOME 250 を選択することをおすすめします。

1台でも素晴らしい音を聴かせてくれるのに、2台でステレオシステムに拡張したものを聴くと、必ず感動します。

各社からAVサラウンドレシーバーが手頃なものから高級機まで発売されている中、オーディオ面ではDENON HOME 150や250 の様なネットワークスピーカーを利用して自由なレイアウトでステレオまたはサラウンドオーディオシステムを構築出来る様になりました。

またビジュアル面でも、HDR10といった超美麗な映像を楽しみながら超高音質な音響を楽しめます。

そしてAmazon Music HDの様なハイレゾストリーミングサービスやインターネットラジオをWi-Fi接続でどこの部屋でも楽しめるという新しいライフスタイルを提供してくれる形こそ、これからの新しい音楽の楽しみ方です。

VGP2020リビングオーディオ大賞受賞製品です。

アンプ部実用最大出力: 22 W×2(ウーハー)、18 W×2(ツイーター)
スピーカーユニットツイーター: 20 mm ドームツイーター×2
ウーハー: 102 mm コーンウーハー×2
パッシブラジエーター: 133 mm パッシブラジエーター×1
入出力端子アナログ音声入力端子: AUX IN×1(3.5 mmステレオミニジャック、最大入力 2 Vrms)
その他の端子: ネットワーク×1、USB-A入力×1
無線LANネットワーク種類(無線LAN 規格): IEEE 802.11a / b / g / n / ac(Wi-Fi® 準拠)
無線周波数: 2.4GHz / 5GHz
Bluetoothバージョン: 4.2
通信距離: 約30 m (見通し距離)
※実際の通信範囲は機器間の障害物、電子レンジの電磁波、静電気、コードレスフォン、受信感度、アンテナの性能、操作システム、アプリケーションソフトウェアなどの影響により異なります。
総合外形寸法(W × H × D): 295 x 217 x 120 mm
質量: 3.7 kg
消費電力: 26 W
待機電力: 2.1 W(クイックスタートモード、Wi-Fi接続時)、0.3 W(ディープスタンバイモード時)
付属品: かんたんスタートガイド、電源コード(約2 m)

このスピーカーと相性の良いAVレシーバーはこれ! 

DALI OBERON 1

DALI OBERON1_LO

OBERON は、ZENSORシリーズの後継機に当たります。

音質は前作のZENSORシリーズがポップで元気な音(筆者はZENSOR 3 を所有)だったのに対し、OBERON 1 は、上品でエレガントな音色に仕上がっています。

特に女性ヴォーカルをよく聴く方にとってOBERON 1 は、かなりベストな選択だと思います。

これはDALIの特許技術であるSMCテクノロジーをこのクラスでは初めて搭載して、中音域の歪を劇的に低減している効果だと思います。

このスピーカーの鳴り方を一言で表すなら「艶」ですね。

低音域はバスレフ方式であることもあってか結構響くので、ロックやポップスをよく聴く人には好みの音だと思います。

OBERON 1 で、TM NETWORKの「GET WILD」のイントロを聴くと「いいねー!」と思うはずです。

高音域も29mm のツイーターなので高音域の音の伸びや煌めきが、聴いていて気持ちいいです。

周波数特性が 51~26000Hz なのでハイレゾ音源の再生にも対応しています。

また、音の情報量が多く、後ろに隠れ気味な音もマスタリングした通りの再現性で、明瞭に艶やかに聴くことが出来ます。

新しい大口径のツィーター(29mmソフトドーム・ツィーター)とウッドファイバーコーンのウーハーダイアフラム(130mmウッドファイバーコーン・ウーハー)を装備し、クラス最高のサウンドクオリティを誇ります。

エンクロージャーがコンパクトなのと、ニアフィールドリスニングでは最高のパフォーマンスを発揮するので、Mac/PC + USB-DAC搭載プリメインアンプ + OBERON 1 のシステムを組めば、デスクトップ上で最高のリスニング体験ができます。

キャビネットのカラーはブラックアッシュ/ダークウォルナット/ライトオーク(画像)の3色になります。

デスクトップ上で(机の上に設置して)聴く場合、必ずインシュレーターをキャビネットの下に設置しましょう。

3点支持でも4点支持でもいいです。

インシュレーターを使うことで、このスピーカーのパフォーマンスをフルに引き出すことができるので、特に机の上に置く際は必須です。

*ニアフィールドリスニングとは両手を伸ばした範囲(約1m)の近距離でも「心地よい定位が得られる距離で、小音量で心地よく聴く事」。つまり近距離・小音量でもスピーカー本来の性能を失うことなくリスニングできる。

仕様一覧
形式:2ウェイ・バスレフ型
ユニット構成:29mmソフトドーム・ツィーター、130mmウッドファイバーコーン・ウーハー
周波数特性(+/-3dB):51~26000Hz
入力感度(2.83V@1m):86dB
インピーダンス:6Ω
ワット数:100 W
 寸法 (WxDxH):162 x 234 x 274mm
重量:4.2 kg




このスピーカーと相性の良いアンプはこれ! 


 

DALI MENUET SE

DALI MENUET SE

 

極上の音を味わいたければ、このスピーカーを聴いて下さい。

スピーカー選びの基礎知識|クロスオーバー周波数って何?音質に関係してくる
スピーカー選びの基礎知識|スピーカーのインピーダンスって何?音質に関係してくるの?

続きを見る

先日5台入荷したそうなのですが、展示用の1台を除いて4台全て1日で売れたそうです。

筆者とオーディオコーナー25年の店員が、一緒にリスニングルームでこのMENUET SE で様々な楽曲を聴いて、ため息をついたほど美しい音色を鳴らしてくれます。

特にピアノの独奏がキラキラしてとても印象に残っています。

「音に艶がある」というのは、この事をいうのだと思いました。

ただのMINUET とMENUET SE を聴いてもすぐに違いが分かるほど、音質に違いがあります。

音はスピーカーで決まるといいますが、このMENUET SE だと思うのです。

仕様一覧
構成:2way
周波数特性(±3dB):59~25,000Hz
クロスオーバー周波数:3,000Hz(2Way)
入力感度(2.83V/1m):86.0dB
インピーダンス:4Ω
寸法:400 x 350 x 300 mm
重量:9.25 Kg

 

このスピーカーと相性の良いアンプはこれ! 

JBL STUDIO 630

 

 

これは一言で言うと「端麗な音」を聴かせてくれるスピーカーです。

その秘密は165mm のウーファーにリヤポート・バスレフで強化された低音域に、25mm HDI ホーン搭載コンプレッションドライバを搭載したツイーターにあります。

JBL はWoodシリーズのイヤホンの音のイメージが強かったのであまり興味が無かったのですが、店員に薦められるまま試聴してみて驚きました。

音の情報量、立体感、明瞭度がとにかく凄いのです。

聴いてみた感想として、音の細かい粒子のシャワーを浴びているような感じです。

このスピーカーから発せられる音は、全帯域において瑞々しくて調和の取れた音を鳴らしてくれます。

深みのある低音域、ヴォーカルが目の前にいるかのように聴こえる輪郭のはっきりした中音域、素晴らしくよく伸びる高音域と、誰がどんなジャンルの楽曲を聴いても必ず満足すると思います。

なぜ今まで聴かずにいたのか、なぜこれを買わなかったのか後悔しました。

それほど自信を持っておすすめできるスピーカーです。

キャビネットのカラーはこのウッド調一色になります。

仕様一覧
2ウェイコンプレッションドライバー搭載ブックシェルフ型スピーカー
165㎜ ウーファー
25mm HDIホーン搭載コンプレッションドライバー
推奨アンプ出力:最大150W
キャビネット形式:リアポート・バスレフ式
周波数特性:45Hz~40kHz(Hi-Res対応)
感度:85dB @ 1M, 2.83V
公称インピーダンス:6Ω
クロスオーバー周波数:1.9 kHz
サイズ:寸法(W x D x H):230 × 280 × 372mm
重量:9.0 kg

同梱物

  • JBL Studio 630 ブックシェルフ型スピーカー × 2
  • 取扱説明書 × 1
  • 保証書 × 1
  • ゴム足 x 8

 

このスピーカーと相性の良いアンプはこれ!


JBL STAGE A130

JBL STAGE A130 (Hi-Res対応)

このスピーカーの音は2万円を切る音ではないです。

驚くようなクリアで歪みのない音を聴かせてくれるスピーカーです。

音質もこの筐体からは想像出来ないほどの音を鳴らします。

背面バスレフ方式なので、低音域の響きは他の同価格帯のものと比べて、格段に深みのある音がします。

ツイーターは上位機種と同じ25mm 径なので、高音域に不足を感じることもなかったです。

133mm のウーファーは、ボリュームを絞っても低音域がスカスカする事はありません。

これはレンジが広いからこそできるものと思います。

試聴してみた感想は、ニアフィールド・リスニングもこなせる万能型のルームスピーカーという印象を受けました。

スピーカーは動かせなかったので自分が前後に移動し、1m も離れていない近距離で聴いてもステレオ感が失われることはなく、音の中抜けするような事もなかったです。

また中音域の表現が上手いので、楽器の音にヴォーカルがマウントされることもなかったです。

この音のチューニングは、さすがというべきです。

キャビネットのカラーはこのウッド/ブラックの2トーンになります。

仕様一覧
2ウェイ・133mm ウーファー、25mm アルミニウム高音域ユニット・スピーカー
133mm ポリセルロース低音域ウーファー
新ハイディフィニション・イメージング(HDI)ウェーブガイド
25mm アルミニウムドーム型高音域ユニット
推奨アンプ出力:20~125W
周波数特性:55Hz~40kHz(Hi-Res対応)
感度:86dB @ 1M, 2.83V
公称インピーダンス:6Ω
クロスオーバー周波数:3,2kHz
キャビネット形式:リアファイアリング・チューンドポート・ベースリフレックス
寸法 (WxDxH):190 x 230 x 321mm
重量:5.45kg

同梱物

  • JBL STAGE A120 ブックシェルフ型スピーカー × 2
  • 取扱説明書 × 1
  • 保証書 × 1
  • ゴム足 x 8

 

このスピーカーと相性の良いアンプはこれ!


Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

こちらはアクティブスピーカーになります。

このBose Comparison 2 Series Ⅲ は、USBバスパワーのアクティブスピーカーではなく、ACアダプタから外部電源を取るタイプのスピーカーです。

また音源はUSB接続によるデジタル入力ではなく、AUX(3.5mm ステレオミニジャック)入力になります。

なによりコンパクトで設置場所を取らないこと、USB-Cデジタル端子を使わずイヤホンジャックで接続できること、比較的安価であることが特徴のスピーカーなので、MacBook Pro などのラップトップ型パソコンで手軽に重低音の効いたBoseサウンドを楽しめる外部スピーカーとして人気のスピーカーです。

惜しい点として、前作で好評だった有線リモコンはなくなりました。

仕様
外形寸法/質量
Right (右)側スピーカー19 cm(H)x 8 cm(W)x 15 cm(D)(1 kg)
Left (左)側スピーカー19 cm(H)x 8 cm(W)x 14.5 cm(D)(0.8 kg)
入出力AUX入力、ヘッドホン端子
同梱物スピーカー、オーディオ入力ケーブル(ミニプラグ付き)、スピーカーケーブル、ACアダプターパック

JBL Pebbles

JBL Pebbles

 

こちらはUSBバスパワー仕様のアクティブスピーカーになります。

PCスピーカー利用目的で同じ価格帯のものを筆者が薦めるなら「JBL Pebbles 」です。

Amazon ではブラックが6千円台で頻繁にセール価格で販売されています(ホワイトは12,500円)。

どこの電気屋さんにも試聴機が置いてあると思うので、一度聴いてみて下さい。

JBL サウンドを受け継いだPebbles はとても優秀で、小音量でも全帯域で過不足無く綺麗な音を鳴らしてくれます。

病院の先生に「安くてコンパクトでいい音がするスピーカーがあったら教えて」と聞かれたので、「JBL Pebbles」とアドバイスしたところ、1週間後に訪れた時には、病院の待合受付カウンターの上に早速設置されていました。

病院の待合室で白いPebblesが、凄くいい音で鳴ってますよ。

何より筐体が丸くて可愛らしいのが良いですね。

iMacを持っている方におすすめしたいアクティブスピーカーです。


これさえ買っておけば間違いない必須オーディオアクセサリー

BELDEN スピーカーケーブル 9497-10m

真空管アンプなどでよく使われるほど音質向上やノイズ対策に定評のあるベルデンのスピーカーケーブルです。

被服が硬いのでカッターで剥こうとすると危ないので、ニッパーを使って下さい。

audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302

スピーカーケーブルをワンタッチでスピーカーに取り付け取り外しが出来る様になります。

絶縁用カバー付きです。

BELLOTA オーディオ インシュレーター 8個セット

筆者はオーテクのハイブリッドインシュレーターを使用しているのですが、ゴム材が軟化して剥離してしまい、わずか2年で駄目になりました。

こちらの製品であればAVレシーバーやスピーカーにも使え、高さ調整までできるのが素晴らしいです。

-Audio / Music, Hi-Res, スピーカー
-,

© 2020 Wohltech(ヴォールテック)